名刺は海外やネット活用など多様化しています。

名刺

名刺について

名刺は海外やネット活用など多様化しています。

画像
ビジネスの上で名刺は自身を紹介するツールの一つであり、コミュニケーションを取る手段でもあります。
名刺は日本独自の文化であり、海外では仕事上に用いられることはないです。
しかしながら、近年では日本に進出している外資系企業を中心に日本の文化が見直され、取り入れる企業が増加傾向にあります。
また、文化は進化しています。
匂いを付けたり、スマートフォンをかざすことで動画を見ることができるといった多様化が進んでいます。
名刺は近年、それぞれの営業マンの独自の情報としてだけでなく、企業の顧客として顧客情報の管理として位置づけています。
このため、個人で顧客から受け取った名刺のデータを企業のネットワークで共有させることで、企業の事業活動の効率化を行っています。
そして、個人だけでなく、企業としても事業をアピールすることができるツールとしても重要視しており、最近はデザインなどを専門に手掛ける事業者に製作を委託することが多くなっています。